Sandii’s Hula Studio | サンディーズ フラスタジオ

アロハの種をまくため、2001年3月東京渋谷に開校。
10代からフラとハワイアンに親しみ、ハワイの伝統文化を深く学び愛するサンディーが、長年あたためてきた「アロハセラピー」をテーマにフラの心を伝えています。
レッスンは、現代フラ(アウアナ)、古典フラ(カヒコ)、タヒチアンなど多岐にわたり、ウクレレやスラッキーギター、ハワイ語などのハワイアンカルチャー・ワークショップも開催しています。
渋谷本校、横浜校の他に、沖縄・広島にも教室があり、たくさんのフラ・エンジェルたちが、美しい新芽をそだてています。
Sandii’s Hula Studio サンディーズ フラスタジオ
Kumu Sandii クムフラ サンディ

Kumu Sandii | クム サンディー

Hulaはひとりひとりの心の平和を育てる踊りだと思います。
心がほほえむと…この星も宇宙も私達の細胞のひとつひとつも、
そして周りのすべてのものも、
本当は一緒にほほえんでくれています。
E ola mau a mau ka mana o ka hula
(素晴らしいHulaの心が、永遠でありますように!)

Sandii Profile | サンディー プロフィール

日本における女性ボーカリストの先駆者であるサンディーは、10代を主にハワイで過ごし、本格的にフラを学ぶ。1974年、日本での活動を開始。1980年には、細野晴臣氏プロデュースのアルバムを日英で発表し、その後もサンディー&ザ・サンセッツとして数々の作品を全世界にリリース。80年代から毎年世界ツアーを敢行。世界に通用する日本のアーティストとして多くの歴史的シーンを残す。1996年から、自身のルーツであるハワイと向き合い、ハワイアンアルバムやフラレッスン映像を次々にリリース。2001年にはフラスタジオ「Sandii’s Hula Studio」を設立。自ら指導にあたると共にフラの正統的継承者として、クムフラ・パティ・ケアロハラニ・ライト氏の指導のもと2001年にオーラパ(カヒコ・ダンサー)、2003年7月にホオパア(チャンター)としてのウニキ(卒業式)を終え、2005年9月にはウニキ・クムフラのタイトル(称号)を受け継ぐ。
オフィシャルサイト:http://sandii.info/

Kumu Pattye Kealohalani Wright
クム・フラ パティー・ケアロハラニ・ライト

パティー・ケアロハラニ・ライト(クム・ケア)は、1973年にパティーズ・フラ・スタジオを開設して以来、フラを教え続けています。
クム・ケアは二人の巨匠のもとでフラを習得しました。一人はベラ・リチャーズ、もう一人がラニ・カラマです。
ハワイのカイルアが誇るベラ・リチャーズ師からは、モダンフラとその他のポリネシアンダンスを教える資格を授かりました。そしてラニ・カラマ師のもとでトラディショナル・フラの勉強を続け、1990年のウニキ儀式において、恩師ラニ・カラマよりクムフラの称号を授かりました。
ウニキ授与の後、自身のハラウを「ナ・プアケア・オ・コオラウポコ」と命名。その名はオアフ島ウィンドワードに咲く美しい花の名前に由来しています。
Kumu Pattye Kealohalani Wright クム・フラ パティー・ケアロハラニ・ライト